会社概要

Corporate Profile

■ 会社概要

会社名 菱屋精工株式会社
設 立 1959年(昭和34年)
事業内容 プラスチック射出成形機製造・販売
資本金 2,000万円
代表者 代表取締役 岡本 良和
従業員 28名
主な設備 マシニングセンター 5台
NC旋盤 2台
ラジアルボール盤 1台
自動倉庫 1台
その他最新設備完備
取引銀行 りそな銀行 小阪支店
大阪シティ信用金庫 布施支店
商工組合中央金庫 東大阪支店
三重工場
恵まれた自然環境の一角に敷地面積約19,000㎡の大規模な三重工場を建設。設計・開発から加工・組み立てそして配送までの一貫体制を実現させ、世界のヒシヤブランド発進拠点として稼働しています。

■ 沿革

1959年
(昭和34年)
桑原忠信が菱屋精工製作所を個人企業として設立。
1963年
(昭和38年)
菱屋精工製作所を資本金300万円で株式会社組織に改組、社名を菱屋精工株式会社とする。
1980年
(昭和55年)
可変ポンプを搭載した省エネタイプのVPシリーズ(横型射出成形機)を発表。
1981年
(昭和56年)
東京営業所を開設、関東地区への販売網を拡充する。
1983年
(昭和58年)
東大阪市西堤学園町に本社営業本部ビル完成。 営業の拠点として活動を開始するとともに、FAセンターを設置し充実をはかる。
1986年
(昭和61年)
三重工場第一期工事として2,600㎡(800坪)の加工・組立工場を完成、三重工場として稼働を開始。
インサート成形に最適な竪型ノンタイバー・ダウンクランプ方式のVNTシリーズを発表。
ユーザー層を飛躍的に拡大する。
1990年
(平成2年)
ハイブリッドポンプを搭載した超省エネタイプのHBシリーズ(横型射出成形機)を発表。
1994年
(平成6年)
本社を東大阪市西堤学園町へ移転。
1996年
(平成8年)
新型の横型機(HTシリーズ)450トン、竪型機(VNTシリーズ)100トンを発表。
横型、竪型ともにラインナップを充実させる。
1998年
(平成10年)
新型の竪型機に260トン(VTT260R)を発表。業界に新風を巻きおこす。
2001年
(平成13年)
全電動式横型射出成形機 SSINシリーズを発表。環境問題に対応したクリーンな機械を開発する。
2002年
(平成14年)
中国広東省珠海市に珠海市菱屋精工有限広司を設立。
2004年
(平成16年)
香港に事務所を開設。菱屋精工國際有限公司 中国広東省珠海市の社名変更。
珠海菱屋塑膠機械有限公司、本格稼働開始。
2005年
(平成17年)
SSIN-180を電動サーボシリーズのラインナップに追加。
2006年
(平成18年)
上海事務所を開設。
2007年
(平成19年)
タイ事務所を開設。
2008年
(平成20年)
竪型ハイブリッド シリーズSSH(100t・30t)発表。
2009年
(平成21年)
横型ハイブリッド シリーズSSH(100t)発表。
2011年
(平成23年)
東日本大震災やタイの水害などの被災ユーザーを全社あげてフォロー。
2016年
(平成28年)
横型ハイブリッド機HYシリーズ発表。

■ 事業所

本社・大阪営業所
〒577-0045 大阪府東大阪市西堤本通東1-1-1-306
TEL: 06-6781-8834 FAX:06-6788-8827
東京営業所
〒230-0001 神奈川県横浜市鶴見区矢向1-4-36
TEL: 045-583-5110 FAX:045-583-5123

【アクセス】
■ 電車の場合
JR南武線 尻手駅下車、南加瀬方面へ徒歩15分

■ バスの場合
JR川崎駅西口バスターミナルより
川51 綱島、川53 元住吉、川57末吉橋矢向循環 行きで、 汐田総合病院前 下車 徒歩4分
名古屋営業所
〒462-0021 愛知県名古屋市北区楠3-249
TEL: 052-902-5406 FAX:052-902-6230

【アクセス】
JR名古屋駅より中央本線で大曽根駅まで乗車
大曽根駅より市バス味鋺(あじま)住宅行きに乗車
味鋺小学校北口バス停で下車
三重工場
〒519-2161 三重県多気郡多気町土羽西野677
TEL: 0598-39-3316 FAX:0598-39-3318

【アクセス】
JR名古屋駅よりJR紀勢線に乗車、多気駅で下車
多気駅より南方へ徒歩約30分(駅前からタクシー5分)